FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>PSO2

ストクエ『再誕の日』クリア

ネタバレあり。

マタボのアイテムを集めて、マザーシップに向かう前に、
ストクエ『ダーカー強襲』に分岐が発生し、過去に行ってウルクを助ける。

となると、元々ウルクは死んだんだね。
まあ、「見殺された」のほうが正しいかな。

あくまでウルクを助けるためだけだからか、戦闘はおまけ程度。
でも、自キャラとサポパ鑑賞にはいいと思う。

pso2_blog20140424-1.jpg

正直、サポパからシャオの声が聞こえた瞬間にビックリした。
「人のサポパに何してんだ!」とね。
しかし、もしサポパとお喋り出来たら面白いかもとちょっとは思った。

もう少し訳の分からないアイテム回収をし、もといマタボを進めれば、
ストクエ『再誕の日』が解放される。

このストクエはNPC達のやり取りが見どころ。
というより、二時間くらいやっていたけど、ほぼムービーを見るだけ。
キャンプシップから降りる前に何となくバレンタインチョコを使ったが、キャンプに戻ったら、

pso2_blog20140424-9.jpg

残り時間五分余り。
つまり戦闘と移動時間は全体の1/4くらい。

また、ストクエはNPC達が主役と言っても過言ではない。
そのため、NPC達を鑑賞したい人には持って来いだろう。

pso2_blog20140424-2.jpg

そのうち、珍しく格好よく見えるヒューイがいいと思う。

pso2_blog20140424-3.jpg

pso2_blog20140424-4.jpg

下のSSはレギアスに言っている。
正直それが見たいので、レギアスさん何か適当におっしゃってw

ここは結局六芒の皆さんが敵対するのを止めたから、
ヒューイV.S.レギアスも勿論見られなかったけど、
レギアスさんとマリアの姉さんが並んでいるのを見ると、謎の安心感がする。
やはりこの古参組が好きだ。

更に奥へ進むと、今度はテオドールが行く手を阻む。
ストクエ実装前はこいつはナックルで殴ると思っていたけど、
ムービー中装備が反映されないし、ストーリーを知るためにストクエをやっているので、
BRのままで行った。シュンカで瞬殺した。

やっとシオンのところまでたどり着く。
シオン=マザーシップの中枢は予想できたけど、シオンは惑星だということは驚いた。

シオンとルーサーの話を一通り聞いても分からないことが沢山あるけど、
一つ確信したことは、ルーサーはただの変態であること()。
ルーサーがシオンの周りをウロウロする動きを見た時に通報したいと思ったww
それから、ルーサーの名前の英語表記は本当にLoserなのか?
最初からこの人なんでこんな名前を付けているんだろうとは思っていたが、
なんか適当すぎてほんの少しだけルーサーが不憫に思えた。

シオンがプレイヤーに殺してほしいと依頼した。
それでルーサーがシオン、正確には宇宙の理か、それを失い、
DF『敗者』(ルーサーと読む)になり、更にダークファルス・アンゲルに化ける。
アンゲルの攻撃は痛くて、初見殺しの技もいくつがあって、ここでハーフドールを一個使った。

アンゲル戦では一応勝ったけど、『敗者』を完全に倒したわけではない。
プレイヤー側は一旦退こうとしたが、『敗者』に邪魔された。
この時、シオン(フォトナー達の残留思念?)が『敗者』を牽制し、
プレイヤー達が無事に自分のシップに帰還する。

シオンがいなくなって、船団の運算をするものが消えたが、
シャオが別のマザーシップ(?)と共に次元の狭間(?)から現れ、
船団の運算の役割を引き受けた。

ストクエの内容はここまで。

しかし、シオンはもう出番がないのかな。
メガネを外し、髪を下して微笑むシオンが大好き。

pso2_blog20140424-5.jpg

最後にプレイヤー達を見送った後、『敗者』を見つめる時の表情がいいと思う。

pso2_blog20140424-6.jpg

上に『再誕の日』はNPC達の鑑賞にいいと書いているが、
このクエストにおいて、プレイヤーのキャラも珍しく少し表情の変化が見られる。
例えばこれ

pso2_blog20140424-7.jpg

とこれ。

pso2_blog20140424-8.jpg

上はシオンに殺してほしいと頼まれた時。
下はシオン(フォトナー達?)にマザーシップから脱出しろと言われた時。

シーナの外伝ストクエに続き、
今回のストクエもカメラがいい仕事をしていると思う(前のと比べれば)
また、キャラ達の仕草もより豊富になった。

で、次のストクエはいつ配信するかねセガさん。


と、ここまで書いて全くゼノ先輩のことに触れていないのに気付いた。
マリアの姉さんの地獄みたいな特訓を経て、
エコーさんがピンチに陥った時に颯爽と六芒の四として登場した。
物凄く納得が行かない。

思い出してみると、
ゼノはただ先輩の振る舞いとドヤ顔ばかりするキャラという認識しかない。
ほとんどのことはプレイヤーによって解決される。

レギアスとマリアから教わったことを考えてみれば、
まあ、そこそこの実力があるだろうと思えなくもないけど、
六芒の四は流石にないと思う。
自分の中でゼノに対しての評価が低いだけかもしれないが。
ただ、六芒の四になったことより、そのダサい服は何とか出来ないのかな…

この記事のトラックバックURL

http://journeyforpso2.blog.fc2.com/tb.php/205-344c5b0d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。